平成16年度 医療・福祉分野におけるヒューマンインターフェース研究会
(第18回日本エム・イー学会秋季大会オーガナイズドセッション「医療・福祉用機器のインターフェースのための技術とその評価」と共催)

  1. 日時と場所
  2. プログラム(15:30-17:00)予稿集
    オーガナイズドセッション名:
      OS1-14 医療・福祉用機器のインタフェースのための技術とその評価
    
    座長: 三浦 純(大阪大学),前田義信(新潟大学)
    
    15:30-15:45 
    「ヒューマン・マシン・インターフェイスとしてのシーティングシステム
     −開発と適応評価−」
    ○新妻 淳子(国立身体障害者リハビリテーションセンター)
    
    15:45-16:00
    「電動車いすの操作習熟度の評価に関する研究」
    ○坊岡正之(広島国際大),米田郁夫(兵庫県立福祉のまちづくり研究所),
      奥英久,高見正利(岡山理科大学),末田統,藤澤正一郎(徳島大学)
    
    16:00-16:15
    「VRスノーボードシステムによる運動療法について」
    ○田中聡,山田英司,森田伸,田仲勝一,乗松尋道(香川大学医学部付属病院),
      和田隆広,朝尾隆文(香川大学工学部)
    
    16:15-16:30
    「コンシューマゲームの福祉専用インターフェース」
    ○鈴木 理司(ナムコ)
    
    16:30-16:45
    「生体信号を利用した新しいゲームインタフェースの提案」
    ○島 圭介,岡本 勝,辻 敏夫(広島大学工学部)
    
    16:45-17:00
    「移動経路選択における経路の嗜好間相関の調査」
    ○前田義信,宮地孝明,堀潤一,宮川道夫,牧野秀夫(新潟大学)
    
以上